読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seri::diary

プログラミングのこととかポエムとか

Re: 気分が落ち込む原因と対策

前にやる気がでなくて困るという割とどうでもいいエントリーを書いた。

あれから3ヶ月ぐらい経ったのだが、最近また再発している感じがあって、gdgd色々考えながらイカになってインクを掛け合ったり年端もいかぬ(一部いってる)女性達を戦場に送り出すマネジメントの合間にかろうじて仕事をしているような状態である。しかし集中が続かなかったり、つまらないことにハマって時間を延々かけてしまうようなケースが増えていて過去の自分の開発スピードを知っているだけに非常にもどかしい気分に苛まされている。

何故やる気が出せないのかが分かれば苦労はしないのだが、Joel On Sofrwareにも数週間ぐらい何も出来ない時ってオレにもあるけどさ、とりあえず手を動かし始めれば何とかなるよというポエムがあるくらいなのでそこまで気にすることもないのかも知れないのだけれど。

現に5月いっぱいは元気だった。元気に仕事していた感あるし、自己評価的には生産性はまぁまぁ高い方だったと思う。それが6月に入って、右足首の剥離骨折とかいう、重症なのか継承なのか良くわからない診断をされてから家から一歩も出られなくなったのもそりゃ関係しているのだろうとは思う。

とは言え、もうプライベートに新しいgemを試してみるとか気になるossのソースを読んでみるとか技術書を読んでみるとか、前はよくやっていたことが全くできなくなっていていいよいよヤバみを感じ始めた。何も有意義な活動をする気が起きない。今日も午前中は病院に行ったが、午後はギター弾いたりイカになってインクの海を泳ぎ続けているうちに日が暮れてしまった。Code Completeもせっかくamazonのセールで半額ぐらいで買えたので早く読まないとと思いつつ「そんなん知ってるぜ…」みたいな内容が延々続いて読むモチベーションが続かない。復習もかねて最初から全部読んでるが、もしかしたらEffective Javaみたいに自分が興味のある章だけをつまみ食いするように読むのが正解だったのかも知れない。

とにかく足が治ったらまた外出しよう。人と会おう。全てはそこからだ。

自分にとっての射撃とは基本的に人と会って話をすることだ。