読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seri::diary

プログラミングのこととかポエムとか

Bluetooth + ノイズキャンセリングなヘッドホンBackBeat PROが良い感じだった

この記事は今年買ったもの Advent Calendar 2015の18日目の記事です。

今年買ったノイズキャンセリング+ワイヤレスなヘッドホンBackBeat PROがかなり良い感じだったので紹介します。

f:id:serihiro:20151217185115j:plain

なぜ買ったのか

  • 片道2時間という長時間通勤をするようになり、以下の問題が発生した
    • それまで使っていたワイヤレスイヤホンのバッテリー2時間では足りなくなってきた
    • 周囲の騒音に晒されている時間が増えてイヤホンだけではしんどくなってきた
  • バッテリー持ちの良いイヤホンを新調してもよかったが、もともとノイズキャンセリング商品に興味があったので買ってみる良いチャンスだと感じた

どうやって選んだのか

  • ノイズキャンセリングヘッドホンの売れ筋価格帯である2万円前後の商品はコード付きが多かった
  • しかし電車の中で使用する以上ワイヤレスがいい
  • ノイズキャンセリング + ワイヤレスでそれぐらいの価格帯だとソニーMDR-ZX770BNが2015年7月当時話題になっていてレビューがメディアに多く掲載されていたが、「品質は価格相当」「ノイキャン+ワイヤレスなら許せるレベル」みたいな論調が多く、どうも微妙な気がした(店頭で試したわけではない)
  • そんな時にBackBeat PROのレビューをたまたま読んだ所、音質もノイキャンの性能も悪くなく、バッテリー持ちは24時間あってヘッドホン使用時にもボタン一つで外部マイクをオンに出来たりとか色々通勤時に便利そうな機能があったので、思い切って購入した。

どこで買ったのか

Amazon

使ってみてどうか

価格は約3万円とソニーのMDR-ZX770BNより1万円弱高かったが、それ相応の価値はあると感じた。

  • 音質は3万円のヘッドホンの音かというとその辺は微妙だが、少なくとも電車での通勤時は問題なく使用できるレベル
  • ノイキャンはかなり優秀で、特に電車に乗っている時の低音をかなりカットしてくれる。電車に乗っている時にノイキャンをOFFにするとそのギャップにびっくりする
  • バッテリーの持ちは非常に良い。往復で4時間使ってもバッテリーは半分も減らない。また、3時間ぐらいの充電でフル充電できる。
  • 操作もシンプルで使いやすい。