読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seri::diary

プログラミングのこととかポエムとか

リモートワークを始めて3週間が経ったので所感をまとめてみる

リモートワーク

7月1日に株式会社ハートレイルズで勤務し始め、3週間ちょっとが経ちました。

最初は色々不安もあったリモートワークという働き方ですが、なんだかんだで上手く回っている気がします。仕事の方もそれなりに貢献出来ていると思いますw

このエントリーではリモートワークをして感じたこと、気づいたことを簡単にまとめてみます。

 生活リズムが安定するようになった

朝起きる時間、寝る時間が前に比べて安定するようになりました。

私の平日のスケジュールは大体こんな感じです。

  • AM6:00 起床(天気が良ければジョギングor散歩)
  • AM6:45~7:30 朝食・シャワー・身支度
  • AM7:30~AM8:50 洗濯、掃除、ギター弾く、本読む、提督業務、ネットをダラダラ見る
  • AM9:00 自宅で業務開始。hangoutで社員と朝の挨拶、進捗共有、雑談などをしてから業務開始
  • PM2:00頃 昼休み。家で適当に作って食べるか外食する。時間が余れば本屋に行って小説や技術書物色したりカフェでコーヒー飲みつつネットダラ見or読書など。
  • PM3:00頃 業務再開
  • PM7:00~PM8:00 業務終了。日報を提出して(日報共有は弊社が提供するサービス3arrowsを使っています)仕事用のPCをシャットダウン。

退勤後は夕食を食べてネットダラ見してニコ動観て提督業務して本読んだりギター弾いたりコード書いたりとダラダラしてから23:00頃に就寝します。勉強会がある日は早めに切り上げて勉強会に行ったりもします。

ハートレイルズは勤務時間がきっちり決まっている訳ではないのですが、他の社員が勤務している時間帯やお客様の営業時間に合わせると自然と時間が決まってきます。

なので生活リズムは割と固定化されます。また、通勤時間が無くなった分プライベートに充てられる時間も増えたので「帰りが遅くなったけど読みたい本が…今週中に読譜して練習しないとヤバい曲が…試したいライブラリが…提督業務が…」みたいに夜更かしする理由があまり無くなったので、その日の未練を残さずさっさと寝られるようになったためか、寝る時間も固定化してきました。

仕事の生産性が高くなった

前職より1日に書けるコード量が増えた気がします。

色々理由はあると思うのですが、

  1. コミュニケーションはオンラインツールを使った非同期コミュニケーションなので作業を中断されるタイミングが減ったこと
  2. 自分が作業し易い環境を自分で作って作業していること
  3. 職場が静かなので(当たり前ですがww)

といった所が理由かなーと思います。

1.作業を中断されるタイミングが減った

コミュニケーションには以下のツールを使っています

全てオンライン上でコミュニケーションをしていることもあって、オフラインでのMTGや会話と違って同期生が求められません。なので返せる時にレスを返すというスタイルになるので、自分の作業の状況に合わせて対応できます。

もちろんGithubやHipChatでメンションがあったらすぐ分かるようにサウンドを鳴らしたりメーラーのデスクトップ通知はONにしていますが、それでもすぐに反応すべきかどうかをすぐ判断出来るので、人から話しかけられる度に作業が中断する、といったことがありません。

そのため、まとまった作業時間が長く取れるようになったので、結果的に作業効率が上がっているのだと思います。

2.自分が作業し易い環境を自分で作って作業していること

と言っても、盛岡への引越しコストがあるのでそこまでお金はかけてないのですがw、今の所こんな感じです。

f:id:serihiro:20140719111512j:plain

こんな感じです。

今の所プライベートのPCとディスプレイ、キーボードを共有してるのでELECOMのKVMスイッチ「 KVM-DVHDU2 」を使って切り替えています。

なおこのKVMスイッチは前職の同僚一同から退職時に頂いたものです。このブログ見てるか分かりませんが大活躍しています。ありがとうございます!

引っ越して落ち着いたら前職のオフィスにあったDELL27inchディスプレイと Wireless Keyboard を揃えたいですが、とりあえずそれまではこれで十分です。

3.職場が静か

独り暮らしなので当たり前ですが、静かですw

ただ、個室で仕事するようになって分かったのは、オフィスで他人の雑談が聞こえるのは結構ストレスだったのだなぁということです。割と賑やかなオフィスで働いていたせいかもしれませんが、静かだと集中したい時にスッと集中モードに入れる気がします。

ただ、逆に集中が切れた時とか疲れた時は好きな音楽かけたりも出来ますし、自分の場合、所属しているマンドリンオケの演奏会で弾く曲の練習録音を確認しながら仕事、なんてこともしています。この辺の柔軟性はやはりリモートワークならではといった所でしょうか。業務中にヘッドホンかけて良い職場だったらまた違うでしょうけど、大体の職場はイヤフォン・ヘッドホン禁止でしょうから。

 

やっぱりたまには寂しくなるw

当然課題もあります。

当たり前ですが、要するに引き篭もりスタイルなのでオフラインでの人との交流が圧倒的に減ります。週末のマンドリンオケでの練習ぐらいでしか人と話さない、という週もあります。

なのでたまには寂しくなります。仕事中は全く寂しさを感じませんが、仕事が終わったあとに夜1人で過ごしているとそういうことを感じる時もあります。なので以前より勉強会で人に話しかけることが増えた気がします。コミュ症はコミュ症なりに寂しさを感じるということなのでしょうw

リアルな人との交流を持つ機会を増やすことは今の課題でもあります。今は川崎に住んでるのでもうちょっと勉強会とか社会人が集まるコミュニティに顔出してみたりした方がいいんでしょうね。この辺りの情報ももっと探して行きたいところです。

あとは今はずっと自宅で作業していますが、慣れてきてプロジェクトが忙しくなければコワーキングスペースで仕事したり誰かとランチを食べたり飲みに行ったり、ということも増やしていければと思います。ということで早速来週は元同僚とランチの約束をしてたりしますw9月末までは川崎にいるので、東京圏にいる間に他の人と交流しておきたいですね。

 

とりあえずこんな感じでリモートワークをしています。

最後に色々書きましたが、総じて楽しくやっておりますw

Railsで仕事するのも初めてだったので最初は不安もありましたが、ソースレビューをきっちりやるスタイルなのでまずい所は指摘してもらえますし、自分でもパーフェクトRubyやパーフェクトRuby on railsを読みながら勉強することでついていけている感じです。

技術的な話についてもturbolinksの挙動について「うおおおおおおおお」ってなることがあったり「CoffeScript最初はビビったけど使ってると超便利!」「 jquery-ujs.js使うと$.postする時に勝手にCSRF-Token付与してくれてて便利!」みたいなこととか色々書きたいネタが沢山あるのですが、これらについてはまた別エントリーで書きたいと思います。